プリント基板の開発・実装から装置の製作・OEMまで一貫対応! | VA・VE提案事例

VA・VE提案事例

基板実装・OEM受託センター.COMが手掛けるプリント基板 VA・VE事例をご紹介

提案事例を多数掲載!コストダウン・品質向上ハンドブック

プリント基板試作・製造事例基板設計時には部品の、向き統一やまとめた配置が重要

装置
全て
業界
全て
顧客業態
-
基板種類
電源基板、制御基板、表示基板
作業工程
フロー半田
提案対象箇所
-
お客様の課題・お困りごと
基板設計時には部品の、向き統一やまとめた配置が重要 お客様の課題・お困りごと

お客様より、プリント基板の実装のご依頼がありました。
提供いただいた基板は、回路機能を重視したもので、製造の視点からみると、製品の品質をさげてしまったり、加工方法を限定してしまうような部品配置が多々見られました。
お客様には、適性価格で、高い品質の製品をご提供したい。という思いから、本件は基板実装・OEM受託センター.comの方から、ご提案させていただきました。

当社の提案
基板設計時には部品の、向き統一やまとめた配置が重要 当社の提案

本件のプリント基板の注文として、基板実装・OEM受託センター.comでは「チップマウンター」+「はんだ槽」or「ポイント半田装置」によるライン生産を提案しています。
DIP部品点数が多い場合や生産台数が多い場合には、「はんだ槽」でライン生産をすることがコストダウンにも有効です。

その生産方法を採用するためには、部品ははんだ槽の搬送口にたいしての縦方向に配置されていることで、うまく半田が付きます。

また、部品の向きを統一したり、部品の位置を等間隔で並べる事で未半田や、ショートなどの不良を防ぐことができます。

よって、今回は、部品の向きを統一させ、部品の位置を等間隔に配置するようにご提案しました。

これにより、半田槽排出後の修正が減り、品質を向上させることができます。

提案の結果・お客様のご感想

生産現場や工程のことを詳しく伝えてもらい、設計時に部品配置で気を付けるべきポイントがよくわかりました。品質も安定しており、大変満足しています。

VA・VE提案事例について

詳しく聞きたい方はお問い合わせください。
担当者から御社に最適なご提案をさせていただきます。

サンプル申し込みやご相談もお気軽にお問い合わせください

関連事例のご紹介

お問い合わせ・ご相談・サンプル申し込み

お問い合わせ

ご相談やサンプル申し込みもお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0740-32-3333