プリント基板の開発から装置の製作まで一貫対応!新規装置立ち上げならお任せ

VA・VE提案事例

基板実装・OEM受託センター.COMが手掛けるプリント基板 VA・VE事例をご紹介

提案事例を多数掲載!コストダウン・品質向上ハンドブック

プリント基板試作・製造事例メタルマスクの半田量確保・表面実装VAVE

装置
医療機器
業界
医療機器
顧客業態
医療機器メーカー
基板種類
電源基板、制御基板、表示基板
作業工程
表面実装工程
提案対象箇所
メタルマスク、クリームはんだ
お客様の課題・お困りごと
メタルマスクの半田量確保・表面実装VAVE お客様の課題・お困りごと

お客様から基板実装のご依頼をいただきました。表面実装部品の半田量が安定しない為、修正/検査に工数がかかり納期対応にお困りの様子で何か対策はないかとご相談を頂きました。

当社の提案
メタルマスクの半田量確保・表面実装VAVE 当社の提案
メタルマスクの半田量確保・表面実装VAVE 当社の提案

そこで基板実装・OEM受託センター.comでは、メタルマスクの開口部を分割する設計をご提案いたしました。

表面実装の場合、リフロー炉に通す際、メタルマスク(クリーム半田の印刷版)を使用します。
そのメタルマスクにおいて、サイズの大きな開口部に、クリーム半田塗布をすると、クリームはんだの量が安定しない可能性があります。
それは、中央のクリーム半田をえぐり取ってしまい半田量が少なくなってしまうからです。

そこで、開口部を分割することで、結果的に、クリームはんだ塗布量が安定し、リフロー時の半田の「ツキ」が良くなります。
結果として、検査工程・修正工程での手間が減り、リードタイム短縮を実現しました。

 

メタルマスク関連記事

>>電気検査精度UP!メタルマスク改版VAVE

>>CR部品のサイズで設計時に考慮すべきポイント

提案の結果・お客様のご感想

メタルマスクの開口部分割の件で、製造設備・資材の性質面からみたアドバイスをいただき、製品の品質が良くなった点について感謝しています。
また、当初より希望していたリードタイム短縮にもなり、スムーズに納品対応していただいています。ありがとうございます。

関連事例のご紹介

お問い合わせ・ご相談・サンプル申し込み

お問い合わせ

ご相談やサンプル申し込みもお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0740-32-3333